サイトメニュー

自傷行為をやめさせよう

医者と看護師

そのまま放置するのは危険

自分のことを自分で傷つける自傷行為をしてしまう人がいます。その様な行動を取る人をそのまま放置してしまえば何度も繰り返し自傷行為をしてしまう人もいます。もし身近に自分を傷つける様な行為を行っている人がいたら、出来るだけ早く精神科や心療内科に行く様に促してあげることが大切です。自分を傷つける行為で代表的なものがリストカットです。自傷行為を行う原因は人それぞれですが、対人関係でのトラブルなど様々あるのではないでしょうか。衝動的にリストカットをしてしまう人もいますが、この自傷行為をすることで誰かに助けてもらいたいということを意志表示していたり、自分を傷つけることで一種の安心感を得ている人もいます。いずれの場合もどんどん症状が深刻化する前に早い段階で専門的な病院で治療を開始することをおすすめします。自傷行為を無くすために行われる治療はとても難しいものになっています。傷の治療だけではなく、心のケアも大切になっているでしょう。この場合、うつ病から発展し自分を傷つける行為をしている人もおり、根本的な部分からの治療が大切になってきます。例え身近な人であってもその行為を止めることが出来なかったり、24時間一緒にいることが出来る訳ではないので自宅でのケアには限界があるのではないでしょうか。病院では心身共に改善するために一人ひとりに合わせた治療を行っています。早期治療が少しでも早く自傷行為をやめさせるために大切になってくるので、もし身近な人がこの様な行為を行ってしまった場合は速やかに病院に行くことをおすすめします。自分を傷つける行為はリストカットだけでなく例えば壁に頭を打ち付けたり様々あります。どの様な行為であっても自分の傷つける行為でありとても危険な行為です。対人関係や仕事のストレスなど自傷行為を行うことで晴らしたり、自分でも自分のことをコントロールすることが出来なくなってしまいその様な行動を取ってしまっている人もいます。自分ではやめたいのにやめることが出来ず、誰かに助けを求めている人もたくさんいます。周りの人はその様な行為を知るとついなぜやってしまったんだと責めてしまいがちですが、まずはそれを受け入れる気持ちを持つことが大切です。もし本人が自ら自傷行為を告白したのであればまずそのことについて話してくれてありがとうと受け入れてあげる様にしましょう。また、やはり自分を傷つける行為の治療は専門家でなければ難しい部分もあります。精神科や心療内科ではカウンセリングを通して根本的な原因を探り治療方法を決めています。自傷行為を行う精神疾患は色々あるため判断が非常に難しい部分ではありますが、病院では慎重にカウンセリングを行いながら判断しているでしょう。また、最初は小さな傷であっても徐々にエスカレートして大きな傷になっていく場合もあるため、最初の行為を見逃さない様にする必要があります。孤独な気持ちや不安な気持ちを自分を傷つける行為によって落ちつけようとしている場合もあります。周りの人はそのサインを見逃さない様にすることが大切です。さらに大きな傷へと進行する前に早い段階で病院の受診することをおすすめします。