サイトメニュー

早期に治療が重要

悩む女性

周囲がしっかりとサポート

ストレスが多い日本社会では、周囲に気を使いすぎてしまうことなどが原因で、うつ病などの精神的な心の病にかかって自分を傷つける人も少なくありません。心療内科や精神科に通っている人も決して珍しくないので、心に病を抱えてしまった人が周囲にいる場合には、温かい気持ちで見守ってあげることが大切になるでしょう。仕事において、責任感が強くて、悩みなどを自分の中に抱え込んでしまうことが多い性格に人などは、うつ病などにかかりやすいので、周囲の同僚や上司などはその人の様子の変化などに気を付けてあげると良いです。落ち込んでしまっている人などがいた時には、声をかけて挙げて話を聴いてあげる様にするだけで、心の負担が楽になるでしょう。ただし、無理に励ましてしまったり、にぎやかな飲み会の場などに連れていってしまうと、症状がさらに悪化してしまうことがあるので注意が必要です。仕事のプレッシャーを一人で抱え込んでいるようであれば、仕事の面でサポートができる体制を整えてあげることも会社の上司としては必要となるでしょう。また、必要に応じて心療内科などの受診を勧めたり、産業カウンセラーがいる会社であれば、そういった専門家のサポートを受ける様に誘導してあげることも有効となるでしょう。責任感が強く、1人で問題を抱え込みやすい人の場合には、自分を傷つけることを考えてしまうことが多いので、周囲からの温かいサポートがうつ病の予防や症状緩和のためには重要となってきます。みんなで仕事をしていくことができるように、心の変化に敏感になることが会社経営者としては必要でしょう。症状が軽い人の場合には、自分で通いやすい心療内科などの病院を調べて、予約の電話を入れれば通院することができるようになります。診察を受ける際には、あらかじめ自分の症状などを整理しておくことも大切になり、症状などをメモに書き留めておくことも役に立つでしょう。自分を傷つけるような症状が出てしまっている場合には、自分で病院を予約して通院するのも大変なので、家族や友人などがサポートをしてあげることが必要となります。本人が病院に行く気持ちになれないこともあるので、必要に応じて病院に通う際に家族や友人の方々が付き添ってあげると自分を傷つけるようなこともなく通院することができるでしょう。心療内科の先生にもいろいろな性格の方がいるので、自分と相性が合う人と会わない人がいるので、一つの心療内科で良い結果が出なかった時もあきらめないで他の病院に通ってみることも必要です。病院に通院する場合、お薬を処方してもらえることが多いので、必ず健康保険証を持参することも忘れないことが大切です。実際に診察を受ける際には、自分の中に起こっている症状や自分を傷つける時の気持ちなどをしっかりと医師に伝える様にして、正確に診断をしてもらうことが大切になります。しばらく通院する必要が生じてしまった時には、処方された薬の効き具合や自分自身のうつ病の症状の変化などを覚えておくと医師からアドバイスを貰えるでしょう。処方されている薬の効き目を伝えることで、他の薬に替えたり、もっと効果がありそうな薬に変更してもらったりしてもらえます。